2013.10.27更新

『界面活性剤を理解できれば、シャンプー選びはグッと優しくなる』

と、題して、今回は、

『タンパク変性作用を起こす界面活性剤』

について、説明していきます!(^-^)

シャンプーや、コンディショナーなどの化粧品の成分表示をみると、最初のあたりに出てくるのが界面活性剤です!(^-^)
化粧品の場合、配合量の多い順番で表示されますので、裏面をみると様々な化粧品に沢山の界面活性剤が配合されている事がわかります!
一般的なシャンプーや、コンディショナーによく配合される、タンパク変性作用を起こす界面活性剤の一例を紹介しますね~。(^-^)

『シャンプーなどに配合されているタンパク変性作用を起こす界面活性剤の一例』

ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩(ラウリル硫酸ナトリウム)

ラウレス硫酸ナトリウム

スルホン酸ナトリウム

キシレンスルホン酸アンモニウム

パレス-3硫酸ナトリウム

パレス-3硫酸アンモニウム

ラウリル硫酸アンモニウム

が主に使用されている代表的な界面活性剤です!

要するに、裏面表示に『硫酸』または、『スルホン酸』なんて書いてあるのは要注意ですね!(^-^;
水に馴染む親水基に硫酸を使用した界面活性剤です!

上記はよく配合される成分でまだ他にも沢山ありますよ。(^-^)

『食器用洗剤や、洗濯用洗剤に配合されているタンパク変性を起こす界面活性剤』

も紹介しておきますね!(^-^)

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム

アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

アルキル硫酸エステルナトリウム

ポリオキシエチレンアルキルフェノールエーテル

などです。

化粧品と洗剤などの家庭用品は表示法が異なります。
化粧品の表示法は薬事法上の全成分表示法であるのに対し家庭用品は家庭用用品品質表示法。
また、届け出の省庁も化粧品が厚生労働省にたいして、洗剤は経済産業省となります。それゆえ表示されている成分も化粧品と、洗剤では異なった名称ですが使用している原料は同じ、硫酸系。
共にタンパク変性をおこし、安全性のうえ
で問題のある成分です!(⌒‐⌒)(^-^;

皆さんも少しみてみてくださいね!(⌒‐⌒)

投稿者: Nicc hair

2013.10.17更新

久しぶりに髪の窓口の扉を開きました!(^-^)

色々な角度から、シャンプーについて色々お話させていただきます!ね。o(^o^)o

シャンプーをはじめ化粧品には必ず配合されている成分が、いわゆる『界面活性剤』ですね。

皆さんはこの言葉にどんな印象を持っていますか?
『悪い成分で、界面活性剤が配合されていないものが良い商品』なんて、そんな風に思ってる方が結構多いのではないでしょうか?(^-^;

そもそも、界面活性剤ってなんだろ?

にお答えする為に少し説明しますね!o(^o^)o

普通化粧品を造る場合、水と油を使います。水と油はもともと混じり合わないものですよね、人間関係の例えにもよく使われますが…(^-^;
その、水と油を馴染ませるために必要なのが、界面活性剤です。(^-^)
水と油が混じり合わないのは、お互いの表面張力が違うためのようです。o(^o^)o
界面活性剤は、水と油の異なる表面張力を低下させ、お互いの境界線をなじみやすいように変化させる役割があります。
表面張力が異なるもの同士が混じり合う事を乳化とも呼びますね。(^-^)

水と油の乳化について、食品のドレッシングを例に説明すると、ドレッシングは酢と油で出来ていますが、水分と、油分ってことになりますが、使うとき振って混ぜますが、すぐに分離してしまいますね。しかし、そこに卵の黄身を混ぜることにより、乳化して、マヨネーズができる訳でございます。(^-^)
卵の黄身に含まれる『レシチン』が界面活性剤として働き、酢と油を乳化させたと言うことであります!(⌒‐⌒)
このように界面活性剤とは、本来混ざり合わない水と油を乳化させるためのもので『乳化剤』とも呼ばれています!(^-^)

シャンプーなどの化粧品で内容物が分離している商品はほとんどありませんよね。界面活性剤を配合する事で各原料が混じり合って、ひとつの商品として完成するって訳であります。o(^o^)o

その他にも、トイレ用洗剤、お風呂用洗剤、私達が仕事で使っているパーマ液、カラー剤などの、医薬部外品、マヨネーズや、マーガリン、アイスクリームなど、私達がよく口する食品にも界面活性剤は使われています。(^-^)よ!(⌒‐⌒)

次に汚れが落ちる仕組みを探っていきましょう!ね。(^-^)

普段、私達が何気なくしている『手を洗う』と言う行為がありますが、どの家庭にも石鹸ありますよね、その石鹸は水だけでは落とせない汚れを落とす事ができますよね。
誰にとってもとても身近な石鹸を例に汚れの落ちる仕組みを理解して見ましょうね!(⌒‐⌒)
石鹸は人類が最初に作った界面活性剤とも言われていますが、作り方はいたって簡単で、ヤシ油とか、菜種油などの強アルカリの水酸化ナトリウムと水で加水分解させれば完成します。(^-^)
ここで重要なのは石鹸の原料として、なぜ、油を使うか?
ですね。
汚れの多くは油汚れで、水だけでは落とせませんよね。
先ほども説明したように、油汚れは同じ油をつかい、乳化させて取り除くと言うのが、汚れを落とす仕組みであります。o(^o^)o

しかし、石鹸の原料となる油はそのまま使うとベトベトして余計油汚れになりますよね!
そこで、油を加水分解して、『塩』に変化させます。
そうすることで、油汚れを水に溶かす事が出来るようになり、手を洗ったり、洗濯をできるようになる訳であります。(^-^)

つまり、油の加水分解によって得られた『塩』が、界面活性剤として働いている訳です。o(^o^)o

シャンプーも同じように必ず使われるのが、界面活性剤って訳であります!(^-^)
この界面活性剤の作用で汚れが落ち、本来混じり合わない水と油が乳化して、ひとつの商品となるわけであります!(^-^)o(^o^)o

何気なく普段使っているシャンプーも、
同じですね。
頭皮から自然に出てくる皮脂汚れをキレイに落としてあげる為にシャンプーと言う界面活性剤を使っている訳であります。(^-^)
よって、しっかりとお湯で頭皮を十分過ぎるくらいすすぎ、お湯で落とせない皮脂汚れをシャンプーで落とす。
と言う流れが正しいシャンプーの仕方と言う事がわかりますね!o(^o^)o
皆さん、是非、実戦してみてくださいね。o(^o^)o

そして、その界面活性剤が、とても重要になってくるわけでありまするぞ!(⌒‐⌒)

この件につきましてはまた次回の髪の窓口でお話させていただきますね~。o(^o^)o

投稿者: Nicc hair

2013.08.16更新

今日は、意外と知らない、正しいシャンプーの仕方!

について!(^-^)

先日、男性のお客様がご来店いただいた際に、頭皮がかなり荒れていらしたので、使用しているシャンプーをたずねてみると、どうやら、フケとりシャンプーを使っているみたいだったので、そのシャンプーを中止して、石鹸シャンプーを勧めて見ました!(^-^)

そしたら、なんと、きれぇ~~~に頭皮が健康な色になり、湿疹も治っていました!(⌒‐⌒)
よかれと思って使っているものが、逆効果になってしまう事がよくあるんです。(^-^)

見事にフケも止まった。と、おっしゃっていました!(^-^)

てな訳で、本題に入る訳ですが、シャンプーは髪を洗う道具ではなく、頭皮を洗う道具だと言う事です!(^-^)

髪を濡らすとすぐ、シャンプーを付けてゴシゴシする方がほとんどだと思いますが、まずは、お湯で、頭皮をマッサージするようによぉ~~く流してあげる事!が肝心なんです!
今までの三倍くらい頭皮を流してあげる!(^-^)
これだけで、もう、汚れは七割から、八割は汚れが落ちてしまいます!(⌒‐⌒)
お湯では落としきれない、いわゆる、皮脂汚れ、油汚れをシャンプーで洗い流してあげる事が大事になります!(⌒‐⌒)
そうする事で、シャンプーの使用量も少なくて済む訳で、シャンプーの節約につながります!(^-^)
一度試してみてください!(^-^)
シャンプーの量が半分ですむはずです!(^-^)

頭皮をシャンプーで、マッサージする要領で、洗ってあげれば、自然に髪の毛に泡が広がり、髪の毛自体も洗われる!って訳であります!(⌒‐⌒)
とにかく、シャンプー剤をつける前に、よく地肌をお湯で洗い流す事。

是非、実行してみて下さい!(^-^)

なかなか上手く説明できませんが、ニュアンスは伝わったと思います!(^-^)(*^^*)

それでは、また!(⌒‐⌒)


投稿者: Nicc hair

2013.08.11更新

今日は、今話題の、ノンシリコンシャンプーについて!
です!(⌒‐⌒)

もう、話題というよりも、廃れている感もありますけど(^-^;(*_*)

やはり、一般消費者はコマーシャル効果もあり、一度は飛び付き、購入しますが、使ってみると、なんだか、髪が『バサバサ』って感じになるって思っていると思います!

当然の事ですよね!(^-^;

何故なら、シリコンが入っていないから!(⌒‐⌒)(^-^;

いかに、シリコンが、髪の手触り感を良くしてくれているかお分かりになると思います!(^-^;

でも、世間では、シャンプー剤のシリコンが良くないと浸透しつつありますよね!
私もシャンプーに関しては、ノンシリコンをお勧めする派です!(⌒‐⌒)

では、なぜ、ノンシリコンシャンプー『バサバサ』になってしまうのか?
答えは簡単、洗浄成分に良質の物を使っていないからなんです。
良質の界面活性剤を使うと、利益を出せないから、安価な界面活性剤を使い、利益を得ようとするわけなんです!(^-^;
いくら、謳い文句は、『植物成分配合!』とか言うけど、植物成分なんて、雀の涙程しか入れていませんから、あまり、意味がないと言えますね。(^-^;

とは、言うものの、何を選んだら良いか、全く分からないですから、大変困りますよね!(^-^;

逆に、トリートメント、コンディショナーを目的とする物は、ある程度、シリコン配合されていても構わない気がします!(^-^)
何故なら、コンディショナー、トリートメント類は頭皮に付ける物ではなく、髪の毛に付けるものだからです!☆
ノンシリコンシャンプーで洗い、バサバサになって、櫛通りが悪くなっては、逆にキューティクルを傷める原因になるからです。

当然、トリートメント類にもシリコンを使わないほうが断然良いのですが、(Niccのトリートメントはシリコンは入っていません)、手触り感を良くする為には、ある意味しょうがない気がします(^-^;

良く、トリートメント、コンディショナー類を頭皮から付ける方がおりますが、絶対避けてくださいね!(^-^)
繰り返しますが、Niccで使用しているトリートメントは、頭皮からつけ、マッサージしても平気なトリートメントです!(⌒‐⌒)誤解されるといやなので、付け加えいたします!(^-^)
ちょっと高価ですが…(^-^;
高価だけに、効果抜群です!(^-^;(^-^;

本当に良質なノンシリコンシャンプーは、シャンプーだけで、潤いが出せますからね!(^-^)
髪のコンディションにもよりますが…(^-^)

『いまでしょ!』
では、なく、3年後、5年後、10年後の、健やかな髪の成長の為に、是非良質なシャンプー、コンディショナー、を使う事をお勧めいたします!(⌒‐⌒)

次回は、意外としらない、シャンプーの仕方を解説致します。(*^^*)

お楽しみに!!☆(*^^*)

Niccしのへ、でした!(⌒‐⌒)

投稿者: Nicc hair

2013.08.05更新

今日は今、話題のそして、人気でもある、柔軟剤の香料について!(^-^)

最近の記事で、洋服の柔軟剤の匂いで、吐き気や、めまいを訴えた!
という記事を目にしました!(^-^)

やはりか!(^-^;
と、少し納得しました。(^-^)

ちょっと、なんでもかんでも、いい匂いとは程遠い、人工香料使いすぎている帰来があると、ずっと思っていました!(^-^;
私も、人工香料の強い匂いを嗅ぐと本当に頭が痛くなるんです!(^-^)
これは、柔軟剤だけではなく、シャンプー、コンディショナー等、も全てそうだと思います!(^-^;
あえて、匂いと記していますが、本来は香りと記するべきなんですが、いい香り以外は匂いと記したほうが良かろうと…。(^-^;

てな訳で、シャンプー、コンディショナー等の匂いは、絶対に天然香料のほうが、良いと思いますのよ。♪(^-^)

シャンプー、コンディショナーの成分表示を見て、『香料』と書いてあるものは全て、例外なく、人工香料です!(^-^)

それだけではなく、いい香りは脳の一部である『海馬』という場所で、感じて、精神的安らぎ、いわゆる、自律神経を整える働きがあるんですのよ!(⌒‐⌒)

それが、人工香料では、全く海馬が反応しないんです!(^-^;

少しずつでも良いので、人工香料から、離れる事をお勧めいたしますわ!(^-^)

アロマオイルを焚いて、精神リラックスする事は先ほど述べた海馬が働くんですよ!(⌒‐⌒)

いかに、天然香料が良いか、おわかりになりましたでしょうか?(^-^)

当然、私どもの、『ニック、ヘアーソープ』も、『ニック、ブローローション』も、人工香料は一切使っておりません。(^-^)

Niccでした。

次回は、ノンシリコンシャンプーについて!

です。(^-^)

投稿者: Nicc hair

2013.08.02更新

久しぶりに髪の窓口にコメントします!(^-^)

市販のシャンプー、特にドラッグストアに陳列されているシャンプーと、良質なシャンプーの違いについて、少しお話いたします!(⌒‐⌒)

決定的に違うのは、界面活性剤である、洗浄剤の質の違いだけと言っても過言ではないくらい違います!(^-^)

市販のシャンプーは安価な界面活性剤しか使っておらず、髪に潤いを与えるどころか、潤いを奪いとる強烈な脱脂力のある界面活性剤を使っているのです!(-.-)
要するに、食器の油を落とす洗剤と同じ成分の物を使っている事がほとんどです。(*_*)

でも、それだけだと、髪がバサバサになるので、皆さんご存じのシリコン剤を入れて手触りがある程度よくなるようにシャンプーの中に入れる訳であります!(-.-)
もちろん、シリコンだけではなく、色々な成分を駆使して、いかにも良さげな感じに作りますが、何を混ぜようが、基本的な洗剤成分が良質でなければ絶対に絶対に絶対に良質なシャンプーなんか出来っこないんです!(^-^;

正直、市販のシャンプーでも、全く現時点では影響は目に見えてわからないから問題ないのですが、しかも、シリコン剤は肌に悪いと言われていますが、本当に悪いかは多分、実証データが明確に分からないのが、現実なので、はっきりわかりません!(^-^)
よって、判断は個人で判断してももちろん全く問題はありません。価値観の違いだけだと思いますので…(^-^;

ただし、私は、今、ではなく、この先、三年、五年、十年先を考えると、絶対、髪に対して、地肌に対して、良質なシャンプーを使い続けていたほうが、良い方向に行くと信じています。(^-^)
お客様の声で、やはり、年齢を重ねると髪が痩せてきた!と言う声を時々聞きますが、もちろん、加齢で痩せてくる事はあると思いますが、そればかりではないと私は思っています!(⌒‐⌒)
もちろん、食生活も大切でありまして、以前にも書いた様に、『まごはやさしいかみ』を実践していただければ髪も体も健康でいられると思います!(^-^)

次回は、今流行りの、ノンシリコンシャンプーについて少し触れたいと思います!(^-^)

以上、Nicc四戸でした(^-^)v

決して、これは、宣伝目的ではありませんので…。(^-^;

と、書くと、余計そう感じますよね!(^-^;

まあ、いいや!(^-^;(*^^*)

投稿者: Nicc hair

2013.03.07更新

こんにちは!
髪の窓口です(^O^)

今日は、少し怖いお話!

一般的に皆さん普通に使っている歯みがき粉についてですが、内容成分を良くみて見ると、ドラッグストアで売っているシャンプーと同じ成分の界面活性剤を使っている事実を知っていますか?(^-^;

ブクブク泡立つ成分ですね!(^-^;

要するに、シャンプーで口の中をブクブク泡立ててみがいているのと同じ事なんです!(^-^;

長い人は3分以上みがいている人もいると思いますが、合成界面活性剤なので、あまり長い時間みがいてはいかがなものか?と私は思います!(^-^;

でも、一般的にブクブク泡立たないとみがいた気にならない!とおっしゃる方が多いはずです!(-_-;)

あの泡立ち全く意味がありませんし、作る意味がわからない!(^-^;

髪とは少しかけ離れてしまいましたが、歯みがき粉も少し考えてのご使用をおすすめいたします!(^-^;

てことは、ドラッグストアで売っているシャンプーはほとんどが、皮膚、髪、環境にあまり適さない成分で作っているという事でございます!(^-^;

ノンシリコンシャンプーにも注意が必要です(^O^)よ!(^-^;
シリコンを入れないで、最悪な界面活性剤等、他の成分も悪くても、シリコン入れなければ、ノンシリコンシャンプーが成立してしまいますからね!(^-^;

一般的には、判断難しいとは思いますが迷ったら是非Niccオリジナルシャンプー使ってみてください!(宣伝)(^-^;

なんだか、シャンプーのコマーシャルみたいなってしまいましたが、歯みがき粉、考え直して見ることお勧めいたします!

良い歯みがき粉は泡がたちませんからね!(^-^;\(^o^)/

ていうより、ブラシだけで十分な気がします。

習慣で泡が立たないとみがいた気にならないから…。
ていうのが、一般的な考え方ですよね!

絶対違いますから!(^^)

少し髪から脱線しましたが、以前、脱線すると宣言していましたからお許しください!(^-^;

Nicc でした。


投稿者: Nicc hair

2013.02.20更新

中目黒のサロン、Niccです!

今日は、記念すべく、髪の窓口、第一弾!(^-^)です。

まずは、髪に良いとされている、食べ物のご紹介です(⌒‐⌒)

皆さんも、もう、どこかで聞き覚えのある方もいらっしゃるとは思いますが、

『まごはやさしいかみ』

『孫は優しい髪』

と、覚えてくださいね♪

まずは、

『ま』 豆。

『ご』 ゴマ。

『は』 わかめ(海藻類)

『やさ』 野菜

『しい』 しいたけ(キノコ類)

『か』 果実(くだもの)

『み』 水

こんな感じですね!(^-^)

一般的には、まごはやさしい!

と、覚えている方がほとんどだと思いますが、『か』と『み』を付け加えてみてください!(^-^)

わかってはいるものの、なかなか補えないのが現実で、難しいですね!(^-^;

ただ、頭に入れておけば、自然に選ぶようになってきます!(^-^)

一日にとる水の量ですが、人によって考え方が、まちまちで、3リットルとったほうが良いという方もいれば、取りすぎると、あまり良くないという方もいらっしゃるのが、現実です(^-^;

経験上、あまり取りすぎると、足がむくむような気がしていまいちですね!

今は、なるべく、少しずつでいいから、のどが乾かないうちにチビチビ飲むように心がけてはいます!\(^o^)/

結果、1~2リットルくらいかな?(^-^;

果物ももちろん、取りすぎはよくありませんよ。(^-^)

糖分が、ありますから…(^-^;

皆さんお気づきかと思いますが、髪に良い食べ物は、当然、体に良いということになります!(^-^)

是非、バランスの良い、食事を心がけてみてくださいね!\(^o^)/

以上、Niccでした!

(^^)

投稿者: Nicc hair

2013.02.17更新

新しく、髪に関係する窓口を新設いたしました。(⌒‐⌒)

髪に関する、いろいろな情報、ときには、神かも?(^-^;

時には、紙かも?(^-^;

時には、髪から、脱線するかも?(^-^;

と、できるだけ、『髪』に関する、情報をこれから、流して行きたいと思います!(^-^)

乞うご期待!\(^o^)/

投稿者: Nicc hair

bnr_sp_contact02_1.png

お問い合わせ

BlogFacebook